中古ドメインはSEO対策には有効とされています。中古ドメインを使うことによってバックリンクは引き継がれるので効率よくSEO対策が行えます。また、中古ドメインを利用するとインデックスされるのが早いです。

OCNのグループポリシーにも強い中古ドメイン

中古ドメインの利用の一つにメールアドレス用としての利用があります。メールアドレスなら新規にとっても問題ないと考える方が多いのですが、メールマガジンやメーリングリストを運営するなら中古ドメインの方が面倒がないことが分かってきています。メルマガやメーリングリストの運用でもっとも困るのが届かないということです。理由としては各メールサーバやフィルタリングソフトのグループポリシーに対応できないからです。グループポリシーなどではメールアドレスのブラックリストを管理することが多くなっています。メールアドレスのブラックリストはインターネット上でサービスとして提供されている場合が多くなっており、一度登録されると修正をしてもブラックリストから長く外せないケースが多くなっています。ブラックリストは各プロパイダでも共有されますのでOCNなど主要なサイトでメールを読めないケースが多発しています。メルマガを発行しているドメインがすべて悪いわけではありませんが、スパムとして認定されやすいこともあって新規ドメインは特に注意されるドメインになっています。そこでサイトでもメールアドレスとしても利用された期間が長い中古ドメインを利用することでフィルタリングを突破し、メーリングリストやメルマガを効率よく運営しようと考えています。フィルタリングソフトは定期的にブラックリストを更新していますが、一度でも載ったドメインは二度と一般のメールとして扱わないフィルタリングソフトもあるので要注意です。ウェブサイト向けの効能に特化した中古ドメインが多いですが、メールアドレス用としての効果がかなり高いことが知られてきており、ますます注目が集まっています。