中古ドメインはSEO対策には有効とされています。中古ドメインを使うことによってバックリンクは引き継がれるので効率よくSEO対策が行えます。また、中古ドメインを利用するとインデックスされるのが早いです。

2017年05月の記事一覧

中古ドメインで注目される財産権とドコモとの接続性

中古ドメインはさまざまな効果があると期待されていますが、その一つにドメイン履歴があります。ドメインは取得してからウェブサイトで利用されると検索サイトにチェックを受けます。また、ドメイン履歴をチェックするサービスではウェブサイトのスクリーンショットを随時とって保管しています。これらのドメイン履歴は長く運用されていないと作られないものであり中古ドメインの最大のポイントとなっています。ドメイン履歴についてはサイト自体の評価にも繋がり、新規サイトで引き継げることで検索サイトでの表示順位をあげようと考える方も少なくありません。また、これらの財産権はドメイン所有者に引き継がれるので自由に使うことができますが、利用の仕方を間違えると価値が下がったり、消えたりするので注意したいところです。財産権で注目されているのがドコモとの接続性です。ドコモでは各種フィルタリングが厳しく行われていますが、ドメイン履歴がしっかりしていればフィルタリングを突破できると考えられています。そこで中古ドメインを活用してドコモ向けのウェブサイトを作ったり、メールアドレスを作ったりする場合が多くなっています。特にメールについては発注を含むダイレクトメールがしっかり届きやすいこともあって利用が進んでいます。ドコモ以外の通信キャリアでも同様のフィルタリングが行われますが、古くからあるドメインの場合は通れることが多くなっています。ドメイン履歴については新規サイトでの利用がもっとも多いのですがその際に注意したいのがパスです。パスが違えばコンテンツは無いにも等しくなります。そのため、インデックスと同じパスに何もないとインデックスが削除されることがありますので要注意ポイントです。

続きを読む