中古ドメインはSEO対策には有効とされています。中古ドメインを使うことによってバックリンクは引き継がれるので効率よくSEO対策が行えます。また、中古ドメインを利用するとインデックスされるのが早いです。

2017年03月の記事一覧

中古ドメインがペナルティを受けた再審査後の傾向

中古ドメインはseo対策をしていく上で非常に重要です。
新規ドメインでseo対策を図っていくよりも、中古ドメインの方がドメインの評価が最初から高い状態でスタートできるため、上位表示に必要とされる期間が短くなります。

しかし、中古ドメインはGoogleからペナルティを受けやすい傾向にあり、上位表示したと思ったらすぐに手動リンクペナルティを受けてしまうケースは後を絶ちません。
手動リンクペナルティは自作自演のリンクのやり過ぎによるものですが、新規ドメインと中古ドメインでは、手動リンクペナルティの受けやすさは違うと言えます。

さらに、手動リンクペナルティを受けた中古ドメインは今後使い物にならない可能性もあります。(新規ドメインも同様)
ペナルティを受けたドメインは、Googleアルゴリズムから「一度、ペナルティを受けたドメイン」として今後も記憶されていくため、その後の上位表示で足を引っ張られてしまうためです。

そのため、ペナルティを受けた同一ドメインで再審査をして運用していくことになっても、狙ったキーワードで上位表示を図ることは難しくなる傾向にあります。
ペナルティを受けたドメインは再審査せずに潔く、捨てたほうが結果的に早く上位表示ができるようになるでしょう。

その場合は同一ドメインを使わずに、まったく別の名前のドメインを使用して、コンテンツを載せ替えるのも一つの手です。
これは人によってやり方が変わってきますが、ペナルティを受けた場合はコンテンツもまた一から作り直して全く新しいサイトとしてやり直す人もいます。

コンテンツは全く同じでドメインだけ変えても、再度上位表示をさせていくことは不可能ではないため、ここは自身の力量次第となってくる部分でもあります。

続きを読む