中古ドメインはSEO対策には有効とされています。中古ドメインを使うことによってバックリンクは引き継がれるので効率よくSEO対策が行えます。また、中古ドメインを利用するとインデックスされるのが早いです。

2016年11月の記事一覧

ソーシャルメディア利用なら中古ドメイン.works

ドメインはサイトの住所を示すものですが、様々な種類があります。たとえば日本国内で取得する場合には.jpというドメインになります。これは日本のサイトですよということを示しています。ベトナムになると.vnとなります。こうしたドメインの違いは主にセキュリティの面で違いが出てきます。国ごとに分けられるものとは別に用途ごとにつけられるドメインがあります。.worksはソーシャルメディア関係のサイトを運営する場合に良く使用されます。

中古ドメインを購入するとき、こうしたドメインの分け方を理解していると、より専門的なサイトを作ることができます。専門性が高まるとサイトの評価が上がり、検索時により上位に表示されるようになります。これは特に商業用にサイト運営をしていたり、アフィリエイトを活用していたりする場合とても重要な要素になります。

中古ドメインは過去のサイトの情報を引き継ぐことができます。しかし、過去のサイトがドメイン名とマッチした運営をしているとは限りません。ドメイン名とマッチしていない場合、検索ソフトの信用度が低くなり、表示されないということが起こります。つまり、検索ソフトはドメイン名である程度のサイトの区別をしていることになります。前述したようにドメイン名サイトの内容によっても選ぶことができます。そうすることで専門性が増し、サイトの信用度が高くなります。そうなれば多くの人が訪れる機会が増え、サイトが繁盛することになります。

中古ドメインは常に削除のリスクを持っています。正規の運営をしていればそう簡単に削除されることはないですが、不正なサイトとして判断をされてしまうリスクは通常よりも高いです。注意しましょう。

続きを読む

中古ドメインの語源や楽天市場購入でのいろは

中古ドメインはブログやアフィリエイトのSEO対策として有効となるドメインとして、過去に運営されていたバックリンクやページランクの引き継がれたメリットを活用して効果のあるものとなっています。期限切れとなってドメインを語源として、購入や自分で取得することによって、検索順位や評価を高めるものとしてデメリットやメリットのさまざまな特徴をもっています。その特徴を十分に理解して購入を見極められれば有効に活用することが可能なものとなっています。購入法では中古ドメインを販売するサイトが数々ありますが、中古ドメインを選ぶにあたってはそれなりの豊富な知識が必要となり、選ぶ際には被リンクの多いものを選ぶことや、またSEO対策としてのインデックスのキャッシュにも気を付けたり、リンクの追加やコンテンツの増幅なども重要となって根気よく育てながら種類や状況にも目を配り、コンテンツの削除やインデックス削除などをしなければいけません。そんな対策が必要となるなかで、楽天市場などには、検索上位に押し上げる為の中古ドメイン選びや条件探しを代わりに行ってくれるツールなどが販売されています。ドメインの価値を徹底評価や、お宝となるドメインを超高速で検索してくれたり、世界の名だたる検索エンジンを使い中古ドメインを検索してくれて、発見したドメインをさらに自動で調査するなどの鑑定を行ってくれます。このツールを利用するにあたってキーワードが上位表示を果たすなどの効果をもたらしてくれます。他にも数々の中古ドメイン探しをしてくれるツールがあるので、インターネットでのサイトの集客やアクセスを集めたい方や初心者の方には効果的に活用できるでしょう。

続きを読む