中古ドメインはSEO対策には有効とされています。中古ドメインを使うことによってバックリンクは引き継がれるので効率よくSEO対策が行えます。また、中古ドメインを利用するとインデックスされるのが早いです。

ソーシャルメディア利用なら中古ドメイン.works

ドメインはサイトの住所を示すものですが、様々な種類があります。たとえば日本国内で取得する場合には.jpというドメインになります。これは日本のサイトですよということを示しています。ベトナムになると.vnとなります。こうしたドメインの違いは主にセキュリティの面で違いが出てきます。国ごとに分けられるものとは別に用途ごとにつけられるドメインがあります。.worksはソーシャルメディア関係のサイトを運営する場合に良く使用されます。

中古ドメインを購入するとき、こうしたドメインの分け方を理解していると、より専門的なサイトを作ることができます。専門性が高まるとサイトの評価が上がり、検索時により上位に表示されるようになります。これは特に商業用にサイト運営をしていたり、アフィリエイトを活用していたりする場合とても重要な要素になります。

中古ドメインは過去のサイトの情報を引き継ぐことができます。しかし、過去のサイトがドメイン名とマッチした運営をしているとは限りません。ドメイン名とマッチしていない場合、検索ソフトの信用度が低くなり、表示されないということが起こります。つまり、検索ソフトはドメイン名である程度のサイトの区別をしていることになります。前述したようにドメイン名サイトの内容によっても選ぶことができます。そうすることで専門性が増し、サイトの信用度が高くなります。そうなれば多くの人が訪れる機会が増え、サイトが繁盛することになります。

中古ドメインは常に削除のリスクを持っています。正規の運営をしていればそう簡単に削除されることはないですが、不正なサイトとして判断をされてしまうリスクは通常よりも高いです。注意しましょう。